HRC OFFICIAL PARTNER

サンプル・試作実績はこちら

  • プラスチック試作工程などを分かりやすく説明致します。初めての試作
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL.045-534-2730 FAX.045-534-2739

品質マネジメントの国際規格国際規格 ISO 9001:2008
「2011年 熊本工場取得」

真空成形

真空成形イメージ 低コストでロットを抑えた生産に対応可能。柔らかみのある製品形状を得意とします。
  • 樹脂型を用いるので、金型作成に比べ低コスト、短納期で可能。
  • 小ロット 1〜100個位の製品受注に対応可能。

製品特徴

一枚の板材から成形するため、製品形状の“角部”には、角R 3.0〜4.0R程度の柔らかみのある製品形状が特徴です。

成形型は、凸(オス)もしくは、凹(メス)形状の いずれか1つの形状型の作成で済むため、射出成形と比較し、型費用を大幅に抑えることが可能です。

成形型は、樹脂(ケミカルウッド)を使用するため、射出成形型(鋼材)と比較し安価かつ、設計変更にも柔軟に対応が可能です。

用途

化粧品ケースやブリスターパックなどの小型な製品から、自動車、バイク、ゲーム機、医療機器、家電、空調設備などの大型外装部品まで対応します。

看板、ディスプレイ
※企業ロゴなどを印刷された板材を使用することで、立体的な看板なども製作できます。

デザインモデル(意匠検討)、ワーキングモデル(機能評価、組付検討)
マーケティングや展示サンプル、撮影用など様々な ご用途に役立ちます。

金型作製前の不具合チェック

概要

真空成形マシンイメージ

真空成形は、板状の樹脂に熱をかけ軟化させます。それを凸または凹形状の成形型に押さえつけ、樹脂との間の空気を成形型にあけた真空孔より吸引し大気圧(1kg/cm2)で成形型に密着させることで製品形状を再現します。冷却後、成形型から外し余白部分をカットし製品が完成します。

メリット

成形型の製作期間が、射出成型で使用される金型と比べ、約10分の1と短納期。

成形型の材料は、木材・樹脂・ケミカルウッドが中心で加工性、コストパフォーマンスに優れ、設計変更にも柔軟な対応が可能です。

成形型は、設計変更にも柔軟に対応します。
樹脂型の材料は、切削 加工性に優れるため、短期間での形状変更も容易に可能です。

デメリット

成形条件上、基本的に製品は、片面のみの意匠再現となります。

真空成形は、凸(オス)もしくは、凹(メス)形状の いずれか1つの形状の成形型に、板(シート)状の樹脂を軟化させたものを密着させることで形状を作り出します。

成形条件上、基本的にリブ形状やボスなど一体成形ができない。

真空成形イメージ真空成形イメージ●左画像 : リブ イメージ画像
●右画像 : ボス イメージ画像


※リブやボスは従来、追加工で接着もしくは溶着となりますが、特許工法により 一体成形も可能です。別途、ご相談ください。

特許取得 工法

特許取得イメージ

特許第 4744739号
発明の名称:リブ付成形品の成形方法


真空成形では、不可能であったリブやボス形状の一体成形を可能にしました。

特許取得イメージ

特許第 4808606号
発明の名称:成形型及び成形方法


従来の樹脂型の原材料である(ケミカルウッド) ではなく、“ダンボール(再生紙)の型”を開発。
材料コストを大幅に削減することに成功しました。

樹脂

使用樹脂について
熱可塑性樹脂を樹脂シート(板材)を使用するため、相当品と異なり、量産品と同じ物性で試作品が作製できます。

 

■PP樹脂板    ■ポリカーボネート樹脂板
■PE樹脂板    ■塩ビ樹脂板
■ABS樹脂板   ■エンジニアプラスチック
■アクリル樹脂板

 

※上記の材料樹脂は一例です。
※製品や試作品の用途に合わせ、使用樹脂をご提案させていただきます。

設備

浅野社製
ワークサイズ: 1500×2000

浅野社製
ワークサイズ: 1000×2000

布施社製
ワークサイズ: 1500×2000

1台


1台


1台